FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SU-METALと平和

この辺境のブログをお読みの方ならご存知のように、オイラは保守思想の人間です。世界秩序がどのように保たれているのか、その現実を知ると、国内の屈折した左翼思想に染まったメディアが論ずる理屈など、お花畑すぎてまったく受け付けられない。催眠術か何かをかけられてるんじゃないの?等と疑ってしまうレベルの理屈とか道理とか現実を無視した発想・発言に、ある種の恐怖すら感じてしまう。

実際、特にメディアの左翼思想が強すぎて国防の備えがおざなりになり、お隣のキチガイ国家のおかげで現在の日本は本当に存亡の危機に立たされているのですよ。その現実を無視しちゃイカンと思っている。

しかし・・・

★[Kerrang] スターの叫び! (スゥメタル・インタビュー)
http://hamankarn.blogspot.jp/2017/12/kerrang.html
翻訳:ハワイとプログレとBABYMETAL

▼ライブ評価も当然のようにKKKKKを獲ってしまうのが凄い
20171222.jpg

Kerrang! 2017年12月20日号に掲載されたこのインタビュー記事を読んで、SU-METALこと中元すず香が核兵器廃絶や世界平和を推進するのに大きな影響力を与えるかもしれないと、にわかに考えるようになった。だからといって左翼のオモチャにされるのはマジ勘弁だが。

ご存知の通り、彼女は広島出身で被爆三世である。そういう人の言葉だけに、その想いは上辺だけのものじゃなく、実感を伴った非常に重いものである。

これまで広島、長崎から核廃絶を訴える発信は、終戦後絶え間なく続けてきた。しかし極東の小国からの声が世界中に轟いたとは残念ながら言い難い。それは敗戦国であること、アジアであることも大きい。有り得ない話だけれども、もしも白人国家の米国やロシアが主導したなら、案外すんなりと核廃絶することができるであろう。

そう、終戦から現在に至るまで、日本の広島・長崎から、その主張を白人社会に向かって強烈に発信できる存在が居なかった。だが時代が変わり、ネットが普及し、献身的に翻訳してくださる方が増えたおかげで、情報が国や既存メディアの制限を飛び越えて瞬時に広がるようになった。

そしてそういう時代に中元すず香という人が現れ、その才能を音楽に誠実な大人が見出し、BABYMETALへと発展、世界にその名を知らしめるまでになった。

そのBABYMETALが3rdアルバム以降、更なる成功を勝ち取ったとしたら?

BABYMETALから発信される言葉を
核兵器を使われた広島出身のSU-METALが発信する言葉を

世界中が注目するであろう平和の祭典、2020年東京オリンピックのオープニングセレモニーで、その想いを語る場を与えられたとしたら・・・

世界はその言葉、想いを無視できるだろうか?

始まりはKOBAMETALが仕掛けたジョークのような企画ユニットだったかもしれない。だがその中身は見た目が子供だろうが、KOBAMETALもビックリの本物だった。だから周りの大人たちも本気になった。

可愛いメタル
楽しいメタル
前向きになるメタル
本場の西洋メタラーをも笑顔にするメタル
それだけじゃなく時には最高に格好イイメタル
そして感動と共感を呼び起こすメタル・・・

メタルに限定せずとも、アジアから出てきたアーティストで言語の壁を越えてこんな音楽をできるのはBABYMETALだけだ(と思う)。まさに音楽界のナウシカではなかろうか。

そういうほとんど有り得ない、というか映画の企画会議で速攻でボツを食らうシナリオの如き活躍をしてきた奇跡的存在なだけに、世界平和に大きな役割を果たす事も案外夢物語で終わらないのではないか?と、やっぱり期待してしまうのである。

想像してごらん

まだまだ笑顔が足りないと思われるプーチン大統領だけれども
20171222-2.jpg
BABYMETALを体験して本当の笑顔を爆発させる場面を、

ニコニコしちゃう習近平を、
目がハートマークになるトランプを、
笑顔を取り戻す中東の指導者たちを、

兵器づくりがアホらしいと仕事を投げ出す人たちを、

銃を捨て、今までのわだかまりを捨て、それまでの敵と健闘を称えあう戦士たちの姿を。

我ながらキモイ想像だなぁ・・・まぁいいや

この歳になってそんな想像を掻き立てるSU-METALは凄い二十歳の女性である。
成人おめでとうございます。

▼それにしてもマジカッコイイっす!


関連記事
スポンサーサイト
関連記事

コメント

広島凱旋の意味。

今回の洗礼の儀。海外メディアでもたくさん取り上げているのはある意味異例なことだと思います。一地方都市のアリーナクラスでのライブ。でも特別なライブでしたからね。これほど注目浴びるのもやはりBABYMETALだからかなと思います。

洗礼の儀に参加したのは、広島に行きたいと前々から思っていたのもきっかけでした。それはSUさんが言っていたからだけではなく、この目でどんなことが8/6に起こったのかを確認したかったからと言うものでした。

多くのメイトさんの方々が平和記念資料館や平和記念公園を訪れ、語り部の方のお話を聞いていました。

何を感じ、どう考え、何をするのかはそれぞれの考えがあると思いますが、そういうきっかけを作った一旦にSUさんの存在があるならばそれはとても大きな存在だと思います。

今年のガンズの公演のときに、BABYMETALは繋ぐ存在になったのかもしれないという話がありましたね。それが人々だけではなく、国やアイデンティも繋ぐ存在になるといいなと思います。本人たちが意識しなくてもそういった存在感があると思います。

MUSIC様

オイラもMUSICさんと全く同じ理由で参加したかったです(涙)
プライベートで出費がかさんでいるですけど、これだけは観たかったなぁ・・・。

BABYMETALはホントに特異な存在ですよね。
ブルータルなメタルをやる一方で、オーディエンスに愛だとか優しさとか感動とかメタルとは無縁そうな感情を呼び起こす奇跡的な何かを持っている。言語を超えて。そしてその中心に広島で生まれ育ったSU-METAL=中元すず香がいる。

もうこれはメッセンジャーとしての役割を背負う運命を担ってるとしか思えません。裏方の人たちが意図的に演出してる部分もあるだろうけれども、それをやろうにもオーディエンスに届く説得力・実力が演者に備わってなければどうにもならないわけで。奇跡的な道筋をたどるよに見えない力に導かれてるのかなと。この件に対してはオカルトなどと鼻で笑われてもいいやと思ってますよ。

コメントの投稿

非公開コメント

PR

プロフィール

蝦夷METAL

Author:蝦夷METAL
・デザイナー
・BABYMETALは芸能界のナウシカである
・反日な輩が大嫌い

検索フォーム

アクセスカウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

PR2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。