FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BABYMETAL外典ダークサイド:ライブ・新曲レビュー

本題に入る前に、米国ツアーYUIMETAL欠場について、アミューズの対応を少しポジティブに考えてみたので、少しそれを書かせていただく。

テレビ、新聞、芸能事務所、学校、政治家の類は、不祥事を起こした時に、どれもこれも言い繕う事に夢中で、素直に「ごめんなさい」が言えない。潔く謝った方がずっと真摯な姿勢だし、少なくとも日本人の民衆の大部分は、怒りの矛を収めるんだけどね。ホント、バカじゃないの?と思う。その点においては、元TOKIO・山口メンバーの事案についての見解が誤りだとして、ブログ記事を削除したデヴィ夫人の潔さは素晴らしい。

ただこの半ばお約束のような対応方針を、今回のYUIMETAL欠場事案に当てはめると、あら不思議。実はBABYMETALの演者の皆さん&現場スタッフには全く非難の矛先が向かないのだ。それはYUIMETALがステージ上に居ない事だけじゃなく、ガラッと変わった衣装、筋肉ねーさんズが加わっている違和感、新曲に正典ライトサイド程のクオリティパワーが無い事まで含めて。

そういうところまで想いを巡らせて、

「批判は全てマネージメントが受け止める!」

とマネージメントレイヤーが今回の方針を決断したのだとすれば、一定の評価はできるかなと思う。ただ、これをするにもオーディエンスの心を鷲掴みにする鉄壁のライブパフォーマンスがある事、それが前提なわけで、やっぱりズルいなぁと思う。素直に「ごめんなさい」が一番格好イイよ。

さて本題。

今回のライブ・新曲について、冷静にYoutubeにUPされたFancamを観たんだけど、これはこれでアリかなと思った(※YUIMETALが戻ってくる確信が持てたからこそ冷静に観れた)。

この章の冒頭で7章は「外典」であることが明示された。言わばスピンオフストーリー。だからある程度は何でもアリな訳で、色々実験的な事にもチャレンジできる。ファン側もそういう前提に気づいてポジティブに受け止められれば、十分に楽しめるレベルにはあると思った。

しかしこの「十分に楽しめるレベル」に持っていくために、演者&現場スタッフの皆さんは相当キツい思いをした筈だ。ベビメタちゃん二人、特に筋肉ねーさんズに囲まれる格好になったMOAMETALの心境たるや、どうやって気持ちを切り替えたのだろうか?想像を絶する。タフなメンタルを持ってることに心底尊敬しますわ。

MIKIKO先生にかかるプレッシャーも凄まじかったはずだ。3人という、デザインの世界ではお約束とされるリズム感、安定感が出る黄金比率が崩れる中で、どのようにすればオーディエンスを納得させられるか、相当試行錯誤したのが窺い知れる。下手をすればメタルミュージックで踊るダンサーズに成り下がるところを、納得できるクオリティまで持ち上げた手腕は素晴らしい。

そして、MIKIKO先生の期待に見事に応えてみせたベビメタちゃん、特にMOAMETALのダンスの成長っぷりは特筆ものだ。華麗な後ろ回し蹴りをキメる筋肉ねーさんズに引けを取らないキレ味鋭いダンス、息を切らさない歌いっぷりに、MOAMETALの意地とブライドを見た。「ただのSU-METALの引き立て役じゃない、MOAMETALここに在り!」を知らしめたね。本当に素晴らしいです。MOAMETALの頑張りは、間違いなく良い形で自分に返ってきている。これからも今のモチベーションを切らさずに続けてほしい。

SU-METALは、筋肉ねーさんズの加入、MOAMETALの進化に引っ張られる格好で、更にダンスレベルが上がったように思う。そして歌は・・・どこまでも進化して行きますね。以前のような危うさは全くなくて、ただただ素敵な歌声に身も心も委ねればOKみたいなレベルに達しつつあると感じた。少なくとも、踊りながら&爆音環境の中で、これだけできれば誰も文句言えないっす。

▼逆境の中よくぞここまで仕上げてきました!
20180513.jpg

神バンドは、青神、BOHちゃん、そしてLEDAがいてくれて良かった。貴方たちがいなければBABYMETALは成立しません。ISAO氏もそんな気持ちで今回のライブツアーに臨んでいると思う。ありがとう、の念しかない。

YUIMETALの不在をカバーするために、これだけ皆がパワーを使っている。このことがかえって由結ちゃんに要らぬプレッシャーをかけてしまってるのでは?とYMYの皆さんは不安視しているだろうが、アミューズのスタッフだってそこまでバカじゃない。メンタル面のケアも相当しているのは間違いない。バカなヲタが「もうやめるのは確定だ」等とネガティブカキコしてるが、むしろ由結ちゃんを傷つける事はあっても、100%絶っっっっっっ対に喜んではもらえないので、即刻止めていただきたいね。

とにかく由結ちゃん、心あるファンは一杯います。
安心して復帰しておいでね。
※キモい書き方でスマン・・・

新曲については・・・

うん、ぶっちゃけ微妙だね。やっつけ仕事とは言わないけど、小粒だし正典ほどの磨きがかけられてない印象が凄く強い。オイラの個人的な推測だけど、これライトサイドの正典ではボツになった楽曲じゃないかな?と思っている。案外ズバリじゃないかな。まぁ外典扱いだし、実験的な事を色々やってみて、正典にフィードバックして磨きをかけるための材料にするんじゃなかろうか。

という訳で、まだ受け止めきれないメイトにとってはシンドイ時期がしばらく続くが、その先にある新しい「ライトサイドストーリー:YUIMETALの帰還」を待ちながら、気楽に楽しむのが良いだろう。ネガティブに考えすぎるのは毒ですぜ。

というのが今のところの見解でした。
SEEEE YOUUUUUU!!!!!!!
関連記事
スポンサーサイト
関連記事

コメント

No title

こんばんは

私は今回のライブの形式はまあしょうがないかなって思ってます
あの形式ってわかってたらたぶん私はライブ行かないかなって感じです
ダンサーのサポートが付くと今までよりもいっそう神バンドが前に出てこれないのでいらねーって思ってます
特に紅月のギターソロで余計な振り付けしてていらねーって思ってます
広島のSU-METALの殺陣ですらいらねーって思ってましたから
はたしてメタルサイドからのひとって振り付けをどの程度評価しているんでしょうかね?
私にはメタルサイドからのひとが振り付けを高評価するってあまり想像できないんですよね
ドルヲタ以外はあんなサポートダンサー前に出すぐらいなら神バンド前に出した方がいいって思ってるひとが多いと思ってます

私はSU-METALソロの新曲って歌謡曲みたいで受け付けないです
メタルの演奏をバックにして歌謡曲歌ってるだけって思っちゃいました
よくありがちなメタルエリートの言い分みたいになってきちゃいましたね( ˘ω˘ )

とにかく秋の幕張は行ってみます
けど、どうもあんな感じの曲が多めの3rdになりそうな気がしてますけど
そうしたら3rd期間はBABYMETALの活動は無視で4th待ちになりそうです

ダークサイドの楽曲

こんばんは。

仰る通り、今回の件についてはマネージメント側に矛先が向いていて、演者には向いていないですよね。広島の時はホントにびっくりして、でもちゃんとアナウンスしてくれたこともあり、会場が一体となったと思っています。

今回はそういったこともなく、ツアーを続けているのは、今後の展開になにかあるとしか思えないです。

USツアーも徐々に盛り上がってきてますし、ステージングも良くなっているようです。2人のダンサーはびっくりでした。当初2人ともELEVENPLAYの方だと思っていたら、どうやら1人はジャパンアクションクラブの方のようですね。スーツアクターもできるということで身体能力高いの納得です。でもこの短期間であの振り付けをお覚えなければならないんですから、助っ人だとしてもすごいなと思いました。

新曲は、最初は今の潮流のラウド系かなって思ったら、SUさんの一声でBABYMETALの楽曲になったと感じました。楽曲構成をあえてシンプルにしたのはライブ前でも覚えてもらいたいからかなと。あとギターソロが少なめなのが物足りなかったのですが、ライブ映像観て納得。ここはC&Rで使うんだなと。やはりいろいろと考えられて作られた楽曲だなと思いました。

歌詞面も今までにないダークな印象。KARATEよりも強い歌詞です。第七章の一発目としてはいい楽曲かなと個人的には思いましたよ。

No title

こんばんは。
デストーション含め、これからの増幅の余地を
充分感じさせますよね。
さらに、これがベビメタ完全体でやったら
もーどーなるんでしょうか
今年はこれで行くとして
今の段階で、来年が楽しみでなりません!!

ドルヲタ嫌い様

こんばんは~

ダンサーの投入は難しい判断ですね。神バンドの扱いもなんだかなぁと思います。色々思うところがあるので、改めて違うエントリーで深堀りしてみたいです。

>広島のSU-METALの殺陣ですらいらねーって思ってました

オイラもそう思いました。やっぱあそこはツインギターに華を持たせる場所ですよね。

メタルサイドで踊りを評価する人は、国内だと少ないのかなぁと思います。欧米だとメタルとダンスを組み合わせる「他には無い新しさ」を評価されてるでしょうね。演奏も抜群ですし。

新曲はエントリー本編で書いた通り、やっぱり微妙ですね。ただMUSIC様も仰るように、SU-METALが歌うことで一本筋が通ってBABYMETAL節になっているとは思います。生で聴くとまた評価も変わってくるのではないでしょうかね。

ソロ曲ではSU-METALがステージセンターでフリーな動きで歌ってますけど、前に出てきて客を煽ったり等するとまた印象が変わってくるのかなぁと思います。

秋のライブ是非参戦されてください!

MUSIC様

こんばんは~

>今後の展開になにかあるとしか思えないです

日本公演の最後の2デイズで
1日目ダークサイド
2日目ライトサイド(YUIMETAL)
になるのを期待してます!

ライブの内容段々こなれてきてるようですね。
筋肉ねーさんズはJACの人ですか!
どうりで凄い動きができるわけですねw

ロック・オン・ザ・レンジでは、8割方今のツアーで披露してる曲で固めてくるだろうと予想してます。まだ馴染みきれてないISAO(神見習い)もいますし、今のメンバーでできる範囲に留めるのかなと。やっぱし何でもできる藤岡先生が抜けた穴は大きいと思います。

>SUさんの一声でBABYMETALの楽曲になった
これは仰る通り!
ハッとさせられました。
プロモーションが後手に回り気味ということもあり、ダークサイドの曲はシンプルに分かりやすい路線に振った印象もありますね。

>歌詞面も今までにないダークな印象。KARATEよりも強い歌詞です。

「偽善者なんて切り捨ててしまえよ!」
色々韻を踏んでる感じですよね。

ダークサイド様

こんばんは、コメントありがとうございます!

あのMVからして第7章では色々仕掛けがあるのは確定ですよね。YUIMETALの事は気にはなるけれども、今はその仕掛けを楽しんでしまうのが勝ちかなと思います。

まったくの予測ですけど、このダークサイドでは7曲が発表されてミニアルバム(外典)として発売されるんじゃないでしょうかね。で、ライトサイドに戻って来年正典へ・・・みたいな流れを期待したいです。

コメントの投稿

非公開コメント

PR

プロフィール

蝦夷METAL

Author:蝦夷METAL
・デザイナー
・BABYMETALは芸能界のナウシカである
・反日な輩が大嫌い

検索フォーム

アクセスカウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

PR2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。