記事一覧

BABYMETAL:日本語で唄う素晴らしさについて

おはこんばんちは!

THE-ONEの横アリ二次先行、メイトの皆様の幸運を祈る蝦夷METALです!

さて、オイラが働いている職場には、アメリカ人の同僚がいるんだけど、先日ちょっとした切っ掛けで少し音楽について語り合う機会がありました。その時、BABYMETALの布教をしたんだけど(アホ)、そのついでに日本のJ-POPはどう思うか?と聞いてみたら、「とても聴き心地が良くて好き」という答えが返ってきました。日本語の響きが良いんだそうです。

それで思い出した。

かなり以前だけど、マーティ・フリードマンがBURRN!か何かのインタビューの中で、日本語ついて語っていたことを。マーティが日本語に興味を持ったのは、故郷のハワイに住んでいたころ、日本語のお天気ニュースか何かをラジオで聴いたのが切っ掛け。女性アナウンサーが喋る「日本語独特の聴き心地の良さ」に魅了されたと語っていたんです。

この2つのエピソードからオイラが直感的に感じたのは、綺麗な日本語っていうのは、外国人にとっては「耳に入る音」としてとても聴き心地の良いものである、ということ。これは我々日本人が、外国語の歌を聴いて意味が解らなくとも、音のニュアンスで格好良いと思うのと全く一緒の理屈です。

これはつまり、音楽における歌詞というのは、国境を越える場合、ほとんど意味を持たないということです。そして我々の日本語は、国境を越え世界で愛される音楽を提供する上で、とても有利な言語であるとも言えますよね。

▼今更ながら坂本九さんの偉業の要因が見えてきたように思います
20151115-1.jpg

このようなことから、BABYMETALのすぅさんの歌声が度々海外で賞賛されるけれども、その要因は声質・声量・声のヌケだけじゃなく、滑舌良く綺麗な日本語で唄うその聴き心地の良さも大いに関係していると思うのです。オイラ的には、ほぼ確信ですね。

また、すぅさんへの賞賛は、日本人が「海外へは英語でなければいけない」という思い込みが、間違いであることを証明しているようにも思えます。よく言われるBABYMETALについて「海外でより売れるにはいつかは英語を・・・」という考え方も思い込みでしかない、ということです。実際、英国のライブなんかでは、現地人が普通に日本語覚えて一緒に唄ってますしね。

▼音楽に言葉の壁が無いことを実感したBABYMETAL。このコメントの意味は大きい。
20151115-2.jpg

20151115-3.jpg

20151115-4.jpg

20151115-5.jpg

宇多田ヒカルが米国に進出した際、得意の英語を引っさげて行ったけれども、ひょっとするとあれも間違いだったかもしれませんね。先日、WOWOWで観たスティービー・ワンダーのトリビュートライブで、ビヨンセやらビッグネームが次々と出てきたんだけど、まぁ皆さん超絶に上手い。声質も素敵だし声量もアホみたくある。ていうかね、身体能力がそもそも違っていてズルいレベル。同じ人間の形はしているけれども、根本的に違う生物だべさ、という感じです。あれを観てしまうと、宇多田さんが現地人の英語で太刀打ちするなんてとても無理!、と思ったのが率直な感想です。日本ではスゲー!ってなっていたけど、彼の地ではホント普通レベルであって、まぁ埋もれてしまうよね。結果論でしかないけれど、もしも宇多田さんがあえて日本語で行っていたら、他のと差別化も図れるし、違う結果を得られたかもしれない、と今更ながら思う次第です。

というわけで、これから海外に打って出ようというミュージシャンの皆さん。堂々と日本語で唄ってみてはいかがでしょうか。保障はしないけれどもね!

SEEEEEE YOUUUUUU ~




▼押していただけると励みになりますm(_)m
 FC2ランキングバナー
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

先日はお祝いコメントありがとうございます。横アリまであと2週間になりました。あっという間にライブ当日になりそうです。

さて、BABYMETALの功績の一つに日本語歌詞が海外でも通用するという証明をしたというのがあると考えていました。

蝦夷METALさんの仰るとおり、日本語って特別な音の響きがあるのかもしれませんね。それに気がついていないのは日本人だったりするのかも。

上を向いて歩こうという名曲は日本語だったからヒットしたのかもしれません。もちろん様々な要因が重なってのことだと思いますが。

BABYMETALにも同じような感覚があるんですよね。

★MUSIC様

毎度様です!
横アリはガッツリ熱いライブレポを何卒よろしくお願い致します!

>日本語って特別な音の響きがある

美しさとか五感で感じるものって、言語とか文化を越える普遍的な価値があるんだと思います。均整の取れた姿見なんかもそうだし、バッハやモーツァルト、ショパンといったクラシックの名曲、油彩画ならレンブラント、モネ、ミレー、日本画なら東山魁夷、河合玉堂、岩橋英遠・・・etc、言葉の要らぬものはみんな国境を軽々と越えて世界中で愛されていますよね。

こう書いていて、何かを感じる上では言葉こそが一番の障害なのかも?と思ったりしました。

No title

そもそも日本人が英語で歌うのはダサイと思うわ。
だって、逆を考えてみればいいじゃん。
アメリカ人や韓国人が変な訛りのある日本語で歌っても違和感あるだけだし、やめたほうがいいと思うわ。
それと同じこと。

名無し様

コメントありがとうございます。
そう、その通りですよね。
英語なまりバリバリの演歌とかアリエネーですもんね。

コメントの投稿

非公開コメント

PR

プロフィール

蝦夷METAL

Author:蝦夷METAL
・デザイナー
・BABYMETALは芸能界のナウシカである
・反日な輩が大嫌い

検索フォーム

アクセスカウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

PR2